ブログ

コタン最高峰🌊羅臼昆布🥬

北海道知床半島の南側、羅臼町沿岸だけで採取される海の野菜「羅臼昆布」。

独特の甘みをもつ真昆布や、うすい上品な出汁がとれる利尻昆布と比べ、漁獲範囲はとても狭い。

昆布の王様と呼ばれる濃厚な旨味は、大陸からの流氷と、羅臼川をはじめとする何十もの河川からミネラルなどの養分が注がれる栄養満点な生育環境から💫

更に製造工程がとても多い!!

通常、水揚げ→天日干し→裁断の3行程を約1週間で行うところ、23行程を約100日かけて行われます🙏🏻

天日干し後、夜露で湿らせたらシワを伸ばしながら巻き、ムシロに積み重石をして二晩越し(奄蒸)、天日干し…。

奄蒸(えんじょう)を3度繰り返すことで旨みと香りがぎゅっっと凝縮された等級上位の立派な昆布です😊

濃厚な旨味を活かして、湯豆腐、うどん、あんかけ、水炊き、だし雑煮におすすめ♨️

年末年始の食卓にお役立てください🙌🏻

※昆布には等級があり、葉の幅や厚み、長さ、色や採取時期から選別されます。

葉幅が広く肉厚のものは1等や2等に、短かったり薄いものは3等や4等に分けられます。

高知県土佐市宇佐町・竹内商店さんの

🐟鰹荒節削り🐟

鰹を4枚におろし、籠に入れて煮沸し、焚納屋(たきなや)にて釜でおこした火で焙乾し、天日干し🌞

厚く削ったら、さらに天日で干して出来上がる荒節削りはお出汁にぴったりの鰹節です◎

※焚納屋について♨️

竹内商店さんの焚納屋は5層構造!下(一層目)から火をおこし熱と煙を発生させ、2層目、3層目へと焙煎を勧めていく。1ヶ月程かけて5層目で出来上がるのが荒節。熱の対流によりじっくり焙乾できる昔ながらの方法♨️

宇佐町はその昔、鰹の一本釣り漁業が盛んなことから鰹節製造業が発展した地域、まさに鰹節作りの元祖🌊

時代と共に需要が減り、本鰹節作りの製造工程の長さから採算が取れず、今ではわずか工場は数件に。

全国で生産量のわずか1%に満たない現在でも、本物の鰹節作り発祥の地で昔ながらの手間ひまを懸けて鰹節をつくり続けている竹内商店さん🙏🏻

荒節にさらにカビ付けと天日乾燥を4回繰り返し、約6ヶ月かけて仕上げる🐟枯本節削り🐟もおすすめ🙌🏻

生の10kgに対し、出来上がりはなんと約1.6〜1.7kgに☺️

鰹の旨味が最高級に凝縮された節は、ひらひら薄く柔らかく、冷奴や焼きそばに乗せてそのまま食べれる、出汁もとれる逸品ですよ👍🏻

岡山県瀬戸内市で創業から半世紀にわたり、完全無添加にこだわり、乳酸菌などの微生物が生きて体に働きかけてくれるお味噌や甘酒を作られている名刀味噌本舗さん。

地元農家さんと繋がり、瀬戸内市や岡山県南で栽培される貴重な穀物で醸される定番味噌3種を相性別にご紹介します🙌🏻

やっぱり一番人気◆合わせ麹味噌

毎日のお味噌汁にとびきり美味しい⭕️

大麦、米、大豆、塩で作られる名刀さんの合わせ味噌は、麦麹と米麹を仕込みの段階で合わせるため、双方の風味と甘みがバランスよく引き立ち合う味わいに♩

一般の合わせ味噌は出来上がった米味噌と麦味噌をブレンドすることが多いんだとか。

旨味の豊かさがお野菜ベースのお料理と相性抜群😆

このお味噌が食べたくて毎日お味噌汁を作ってしまう、そんな味わいです🙏🏻♨️

なめらか万能調味料◆あま味噌

お味噌汁からお料理の隠し味まで何でもイケる✊🏻

米麹、大豆、塩だけで作られる名刀さんのあま味噌は「白味噌」と同じポジションにありながら、漂白処理などを一切せず、熟成期間を長くとった風味と味わいが格別♨️

粒のない「こし味噌」のため他の調味料とも馴染みやすく、マヨネーズと混ぜてディップに、炒め物の合わせ調味料に⭕️

お味噌汁にはもちろん、キムチ鍋に加えてまろやかに⭕️

やさしい甘さが食材たちを後押ししてくれる、他にないお味噌です。

シンプルな渋味◆玄米麹味噌

旨味の強いキノコやお肉と相性抜群🍄

玄米、大豆、塩だけで作られる甘さ控えめの滋味深さが特徴です。

現在販売中の玄米は、名刀さんからほど近い邑久町豆田の佐藤農園さんの朝日米です🌾

田植え前に一度除草剤を使うだけ、その後は農薬を使わず手間暇かけて栽培された在来品種のお米🙏🏻

根菜たっぷりの豚汁に⭕️

回鍋肉や麻婆豆腐など中華料理に⭕️

控えめながら毎日食べるとクセになる、体温まる栄養満点お味噌です💪🏻

年内にはwaccafarmの自然栽培米とコラボしたお味噌2種類も販売予定!!!

お楽しみに✨✨✨✨